【評価感想】Woodle Tree Adventures Deluxe

こんにちは。蓮根です。
今回は、Woodle Tree Adventures Deluxe。
これを書いている時点でセール対象、360円で売っている。

これだけダウンロードソフトを遊んでいると、安いのに面白い!コスパ良い!ってソフトに当たる時もある。
最近ならToki Toriは良かった、うん。

ティンバーマンもついついやっちゃって、今のところプレイ時間10時間越え。いいよね。

一方で、ヤバい物件に当たることもある。
最近やった中なら断然ロストスター。辛口で申し訳ないけど、危険度A級って感じ。

みりんちゃんに見せてもらったおじいちゃんの記憶を巡る旅も相当だ。見た目が良い分、トラップ度合いが高い。
このサイトが人の役に立っているとしたら、このゲームの感想を伝えていることかもしれない。

ヤバい物件に当たった時は、人柱になった気分で感想を書くようにしている。
つまり、今回もそういうことです。

評価マーク(ランク順 S/A/B/C/D/E)

D評価
 

内容

ステージクリアタイプの3Dアクションゲーム。
簡単に表現してしまうと、3Dマリオに憧れてゲーム仕上げてみましたーって出来上がった感じ。
でも、3Dで動くところまでしか考えていなくて、プラスアルファの面白さまでは手が届かなかった、みたいな。

主人公は木の子供。大木から生まれたばかりの小さな木だ。

乾いた世界に生命の水を届けることが目的だ。
それぞれのステージには生命の水が3個ある。集めた水はドラクエのように後ろについてくるから、3匹集めたら水を納品する場所まで行けばステージクリアだ。
「乾いた世界」と言われたけど、水中面があったりと結構水は多め。全然乾いている気がしない。
親父は根っこ生えてて移動できないから、世間の事はあまり知らないに違いない。

そんな世間知らずの親父から、主人公は冒険するのに2つアイテムを貰う。
ベリーの実を入れておくリュックと、風を起こす魔法の葉っぱだ。

主人公が出来ることは、移動、ダッシュ、ジャンプ、それに葉っぱをあおぐこと。
葉っぱをあおぐと風を起こせる。けど、敵を攻撃できるだけで、それを使ったギミックは一切ない。

各ステージに行くには、家にある地球儀を選択する。そうすると、その世界に入ることができる。

ステージはこんな感じ。上下に広いステージが多い。

やることは、ベリーの実を集めつつ(集めなくてもクリアには影響ない)、生命の水を探すこと。
意地悪な部分は無い。行けるところを普通に回れば自然に見つかるように配置されている。

敵は、弾を撃ってくる奴が邪魔になるくらいで、基本的には楽勝。
ちなみに、敵に当たったり、落ちたりすると死ぬけど、罰則無く復活できる。

ゲームは難しくなくて、1ステージは10分くらいでクリアできる。
最初から最後まで難易度は変わらない。しいていえば、ステージごとに全然雰囲気が違うので、それを楽しんでいくゲームだ。

さて、このゲームの大きな問題、それはカメラワークの悪さだ。
自分で操作できるのは拡大縮小だけで、カメラ位置は自動になっている。これが酷い。

例えば下の写真。段差の向こう側に主人公がいて、見えない位置で操作しないといけない。ツライ。イライラする。

もう1つ悪い例。下の写真の道をまっすぐ歩いていくと、ある位置で突然視点が切り替わる。

今まで上に向かっていたから、崖に向かって歩いている。さすがにダイブはしなかったけど。

ステージは6ステージ+おまけの2ステージだ。6ステージクリアしたところでエンディングとなる。

集めたベリーの実の数で、おまけのステージが解放されたり、アイテムがもらえたりする。

葉っぱはレベルアップさせると、風が遠くへ飛んでいくようになる。
赤いハチマキみたいなのは何が起きたか違いが分からなかった。

少しこのゲームの良いところを言うと、画面が綺麗なところ。
浜辺のステージ、ハチの巣のステージ、雪のステージ、海中のステージといったようにステージの見た目は凝っている。

雪のステージでは、主人公が少し雪に埋もれてしまう。芸が細かい。

あと、カメラワークはともかく、操作性は良くて、違和感なくゲームができる。
シンプルに、3Dの綺麗なステージを歩き回ってみたい、あまり難しいのはちょっと、と言うなら有りかもしれない。

・・・有りかな?

コスパ
8ステージクリアまでで2時間程度。僕はセールで買ったけど元値600円だ。
コスパ的にはお薦めできない。

感想
E評価にするかどうかで悩んで、結局D評価にしました。
これまでE評価つけたゲームを考えると、そこまで酷くは無いかな、というのが理由。

でも、十分酷い。

カメラワークの件もあるんだけど、そもそも面白くない。これに尽きる。
3Dマリオみたいなのを作りたかったんだと思っているけど、3Dの世界で簡単なアスレチックだけじゃ面白くないでしょ。
やっぱり、色々なギミックとか、隠し要素とか、難しい所をどうやればクリア出来るか考えるとか、そういうのがあるからゲームになる。

このゲームは、それっぽいものを作りました!っていう雰囲気しかなくて、楽しませる気が全く感じられない。
魔法の葉っぱが装備だったら、風を使って何かとかあるじゃない!?

ゲーム性を期待して買うなら、止めた方がいい。
雰囲気とか世界観が気に入って、ちょっと操作してみたいというなら、お薦めできるかな。

でも、同じ600円ならティンバーマンとToki Toriを買った方が10倍以上楽しめると思う。

こんな人におすすめ

この雰囲気の世界が好きな人
難しいゲームは嫌な人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です