【評価・感想】Dokuro (ドクロ)

こんにちは。蓮根です。

今回はDokuro。

この、くらーい画面とドクロが主人公という変わった設定で、発売当初から覚えていたゲーム。公式の謳い文句は「ドクロ風味なギミックアクション!」。ギミックアクションって、結構アクション要素強いのかな?と思っていました。
セールになっていたので購入です。

評価マーク(ランク順 S/A/B/C/D/E)

B評価

ゲーム内容も好きですが、ストーリーが素晴らしいです。

内容

まずはストーリーから。

主人公は魔王に仕えるドクロ。ある日、魔王の嫁にするために姫が攫われてきました。
名もなければ取り柄もない下級兵士のドクロ君ですが、ひょんなことからお姫様を逃がしてあげることに。ただ、お姫様にはドクロ君の姿は見えません。それでもお姫様を逃がすために頑張るドクロ君。

さて、ドクロ君は無事お姫様を逃がすことができるのでしょうか。。。

こんな書き方が似合うと思っています。お城から脱出するために、城の塔から門に向かってどんどん進んで行きます。1つのエリアは10ステージで構成。ちなみに全部で16エリアあります。

各エリアをクリアすると、絵本のような挿絵と魅力的なキャラクターがストーリーを展開します。これが良い!
ドクロ君はほとんどしゃべりません。ただ、表情豊かなしぐさで感情を表現していて、ストーリーが進むとどんどんドクロ君に感情移入していくことに。ドクロ君、がんばれ!と本気で思っていました。

ドクロ君とお姫様以外の主要なキャラクターは、魔王とレディ・ダーク。レディ・ダークは魔王の妻の座を狙っています。

このレディ・ダークがまたいい味を出しているのです。何というか、不二子ちゃん的な?ちょっと違うな。

さて、ゲームの内容です。

各ステージ、お姫様をゴールまで連れていけばクリア。ゴールにはお花が咲いていて、ひと時の休みをお姫様が取るという演出が素敵。

ただ、お姫様は勝手にどんどん進んで行っちゃいます。罠があっても気付かずにまっすぐ進むので、罠に嵌まって死んじゃったりします。しかも、段差は登り降りできない。

そこでドクロ君の出番です。ドクロ君が色々なギミックを動かして、お姫様をゴールに誘導してあげます。例えばこんな、穴があってお姫様が困っている!ドクロ君を操作して、レバーを倒します。ガッチョン!

仕掛けが動いて足場が下りてきて、そこをお姫様は渡っていきます。裏でドクロ君が頑張っていることも知りません。健気なドクロ君。

操作は左スティックで左右移動。それとジャンプとアクションボタン。ジャンプは2段ジャンプまで出来ます。
アクションボタンで、レバーであればレバーを倒すし、荷物の前であれば荷物を掴みます。そのまま前後に動くと、荷物を押したり引っ張ったり。他にも状況次第で色々なアクションが出来ます。

あと、攻撃。ドクロ君は骨で殴り掛かります。でも弱いのです。

それ以外にも、ゲーム途中でアクションが増えていきます。
まずはチョーク。スティックでチョークを動かして線を引けます。チョークの種類が幾つかあるんだけど、種類によって引いた線がロープになったり導火線になったり。ギミックを操作するものに変化します。

そしてこのゲームの一番のウリである、イケメンへの変身!魔法の薬を飲んで、ドクロからイケメンに早変わり。イケメンになると色々と変わります。

まずはお姫様が認識してくれるし、お姫様を抱っこ出来ます。お姫様は移動が遅いので、抱え上げて素早く罠を潜り抜ける、なんてことができちゃう。あと、武器も剣を使えるので強い。
その代わり、2段ジャンプはできないし、狭いところは潜り抜けられなくなります。

こんなアクションを駆使して、各ステージをクリアしていきます。
このゲーム、ステージ毎に独特のギミックが出てきます。どれも最初に説明ステージがあるので心配ご無用。そのギミックを利用しつつ、ステージをクリアしていきます。

先に行くと、色々と凝った仕掛けが沢山!

ステージ10にはボスが居ることもあります。
ボスはアクションというよりもパズル色が強い戦いですね。直接殴りつけるというよりも、何かをするとダメージが与えられるようになる、という感じ。どれも独創性豊かで、戦うのが楽しいボスばかり。あまり難易度は高くないですが。

パズルの難易度はそこまで高くないです。
ステージ毎に新しいギミックが出てくるので、新しく出てきたギミックをどう使うか考えることになります。難易度はそんなに上がらず、同じような難易度で新しいギミックを利用するパズルが出てくる感じです。

個人的にはエリア15はちょっと難しかったくらい、ですかね。クリアまで悩んだステージで30分強くらいかな。だいたいは5分くらいでクリア出来たと思います。
結構サクサクと進むので気持ちよく出来ました。

試していないけど、もしクリアできない時はスキップも出来るみたい。たぶん。

最後まで程よい難易度が続いて、色々なギミックが散りばめられたパズルゲーム。
そして何より、ドクロ君とお姫様という異色の組み合わせが楽しいストーリー。ドクロ君が表情ないのに表情豊かなところが素晴らしいです。

これはお薦めです。

コスパ

980円で10時間以上プレイ。
ボリュームも十分、ストーリーが進まない前半はちょっと気乗りしない時もありましたが、中盤からは先を見たくて夢中で進めました。
ボス戦も楽しいし、コスパ十分です!

感想

これは本当に良いゲームだと思うんです。インディーズらしいインディーズゲーム。
こういったゲームに当たると嬉しい。

再三書いてしまっていますが、素晴らしいのはストーリーですね。
キャラクターが敵方も含めて愛らしく、エンディングまで夢中になりました。エンディングは映画のラストを観ているような気分で、終わるのが寂しいくらい。

あと、難易度のバランスも良い感じです。

このゲーム、クリア後にオリジナルモードが解放されます。オリジナルだと何が違うのかな、と少しプレイしてみたのですが、倒した後に一定時間で復活する敵の復活時間が早かったり、敵の攻撃アクションがちょっと違ったり。
ステージ構成は変わりないようですが、細かい難易度設定を調整してくれているようで、どれも変に厳しいところを改善してくれているように感じました。

楽しいパズルを探している人、絵本のようなストーリーが好きな人、どちらにも自信を持ってお薦めできる良作です。
暗い雰囲気に騙されちゃダメです。

こんな人におすすめ
・お姫様もののストーリーが好きな人
・ギミックを駆使するパズルが好きな人

【評価・感想】Dokuro (ドクロ)” に対して1件のコメントがあります。

  1. ミサキ より:

     将棋会館の記事読みました。  前回大会の優勝者は、レジェンドです。
     タイトルよりも、まずはプレイ人口増加ですね。 相変わらず過疎の毎日です……
    プレイ人口が増えれば、タイトルの賞金も上がる…(ゲス)
     今日の先生の配信、めちゃくちゃ指してしまった……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です